マイナスイオン、ナノケアから海外対応まで人気くるくるドライヤーを紹介!

口コミなどで評判のくるくるドライヤーを調べてみました♪

髪が傷んでいてヘアアイロンでは心配な方、セットしたスタイルを長く保てない方、細かい毛やクセ毛でセットに時間がかかる方にもお薦め!

 

カールドライヤー

 

 

くるくるドライヤーっていうのは、ヘアアイロンとは違ってドライヤーの一種で、乾かすことも可能でセットもでき髪も傷めにくいもので、

 

髪質によっては、カールドライヤーのみでもスタイリングが可能だったり、アイロンのようなにしっかりとスタイリングはできないですがゆるいカールをしたいは方にとってはカールがつけやすいのではないでしょうか。

 

最近では、より癖づけしやすいようにスチームや髪を傷めないマイナスイオンが出るものも販売されていますよ。 このようにぐるぐるドライヤーを使用することで自宅で簡単に巻き髪をセットすることが可能です。 髪質や髪の長さや作りたい髪型に合わをせて選択すると、誰でも簡単に巻き髪スタイルを作ることができるますよ。

当サイトのおすすめくるくるドライヤーランキング

従来のものよりさらに軽量化そしてパワーアップ♪ 高額だけど、これがあれば必ず満足できる商品です。 髪がパサつくなどお悩みの方はいいですよ♪
価格 評価 備考
15,075円 評価5 パナソニック
Panasonic(パナソニック) EH-KN97の総評
ドライヤーの使いやすさは、コードの付け根が手の動きに沿ってくるくる回ってくれることです。ドライヤーとしてはちょっと高額ですが、髪が傷んで困っている人や、髪がまとまらない人にはぜひ試していただきたい製品です。

Panasonic(パナソニック) ナノケア くるくるドライヤー EH-KN95-RP ルージュピンク

Panasonic≪パナソニック≫ナノケアくるくるドライヤーが人気を集めているくるくるドライヤー。ナノイーで、髪と地肌をケアしながら綺麗に、美しくスタイリングすることができます。髪のうねりがひどかったり、髪がすぐに絡まってしまう人に、特に効果を実感しやすいくるくるドライヤー。
価格 評価 備考
15,428円 評価5 パナソニック
PanasonicナノケアくるくるドライヤーEH-KN95-RPの総評
簡単にセットすることができる使いやすさと、カールの持ちがいいというところも気に入っています。カールの持ちがいいので、夕方までキレイなままで居られるし、使いやすさへの工夫があるので忙しい朝でも短時間で簡単にキレイにセットすることができます

こんな方30代、40代の方にお勧め!
ボリュームがなくて髪がぺしゃんこ/パサつきやうねりで髪がまとまらない/時間がたつと髪が広がる
/不器用で上手くスタイリングできない/ヘアアイロンは熱くて怖い…なんてお悩みの方は
価格 評価 備考
8381円 評価4 ヤーマン

テスコム ビューティーコラーゲンカールドライヤー SALON de TESCOM (ブライトピンク) TCC4000-PB

テスコムの新発想であるビューティーコラーゲン。タンパク質コラーゲンと空気中に含まれて水分が融合することで生じるイオン結合、この成分が髪全体を包み込んで水分バランスを最適な状態へと導きます。
価格 評価 備考
12,509円 評価3 テスコム

カールドライヤーの注目機能とは

昔に比べてPanasonic【パナソニック】・TESCOM【テスコム】・コイズミ・モッズヘアなど各メーカーは、ヘアアイロンとともにカールドライヤーの性能も進化をさせてきています。

 

マイナスイオン、ナノイオンなど髪を傷めないものやくせ毛などスタイリングでも使いやすさを重視したものなどさまざまなものが販売せていてます。くるくるドライヤーを選ぶ際にはこういった性能などもしっかりと吟味しながら選びたいものですね。

 

くるくるドライヤーのメリット・デメリットって?

髪をスタイリングするときに髪を傷めにくいと言われている「くるくるドライヤー」通称カールドライヤーのそもそも良いところと悪いところをちょっとあげてみました♪

メリット

基本的にはドライヤー機能が備わっているのでヘアアイロンと比較すると髪を傷めにくいという点があげれらます。メーカーの性能にもよりますが、あるものでは独自の微細なナノイーにより、通常のイオンよりも約6倍の寿命があり、マイナスイオンが広範囲に届くようになっていて、水分量は人の肌と同じ弱酸性なので優しくなっています。

 

使用するとナノイーが髪にしっかり浸透するので、髪の水分バランスが整ってツヤのある髪になることができまる。また、髪だけでなく地肌の乾燥までケアしてくれるのもメリットで、健やかな地肌を保つことが可能です。付属品が充実しているのも良いところで、4種類用意されています。ボリュームアップブラシ、太ロールブラシ、ワイドブローブラシ、髪を乾かす用のノズルが付属しているので使いやすいですよ。

デメリット

アタッチメントがたくさんある分、ものによっては値段が高めになっています。また、構造上熱がこもりやすくなっているので、普通のドライヤーよりも髪が傷みやすく、長時間の使用はオススメできません。種類やタイプによっては髪質が合わないことがあるのもデメリットの1つで、場合によっては上手くスタイリングできない可能性があります。

 

前髪のセットが難しいのも難点で、くるくるドライヤーでは納得いく仕上がりになりにくいです。毛先のセットに強い商品なので、短めの前髪の人は本領を発揮できない可能性があります。

こんな方におすすめ

髪の毛のツヤに不満がある方はカールドライヤーを使ったほうがいいかもしれませんね。ブローするとキューティクルが整って、ツルツルの髪になります。また、ブローが下手な人に向いていて、簡単にブローすることができますよ。まさにヘアケアの初級者向けアイテムと言って良く、内巻きヘアやストレートの人にもオススメです。

 

毛先だけをワンカールさせたい人や、シンプルなストレートヘアにしたい人にとって最適のアイテムと言えます。くるくるドライヤーなら、弱いクセ毛を簡単に修正することが可能です。朝起きた時、ボサボサでクシが通らない時に使用すると重宝しますよ。

当サイトのおすすめベスト記事

当サイトの人気ベスト5記事です。多くの方が参考にしていますのでぜひご覧下さい。

くるくるドライヤーを失敗しない選び方

Panasonic【パナソニック】・TESCOM【テスコム】・コイズミ・モッズヘアなど各メーカーからいろいろな機能を持ったカールドライヤーが出ているけどどうしても迷ってしまうが選び方ですよね。こんな基準を持って選んで上げることであなたにあったものを選び出すことができるのではないでしょうか。

詳細はこちら


くるくるドライヤーとヘアアイロンの違いって?

そもそもカールドライヤーとヘアアイロンの違いって知っていますか?こんな用途でつかうとくるくるドライヤーは便利に使うことができますよ。メリットやデメリットなどもあるのでぜひ知っておきましょうね。

詳細はこちら


私のくるくるドライヤー体験談

くるくるドライヤーデビューしたのは、高校生のとき。聖子ちゃんカットが流行っていて、キレイにブローするテクが出来栄えを左右していたわけです。

 

そこに必要不可欠だったのがくるくるドライヤー!寝ぐせがあってはうまくいかないので、当時流行の朝シャンをして、半乾きの時にまずブロースプレー。そしてドライヤーでサイドに流れを作るのですが、美容師さんは普通のドライヤーと360度に毛があるブラシでブローしてくれてました。

 

自分で右手にドライヤー&左手にブラシと、両手を使うと腕と肩が重くなって、途中で投げ出したくなるわけですが、そんな悩みを解決してくれたくるくるドライヤーを考えた人は本当にエラいと思いますね。

 

ブローのとき、HOTの方でやって、くるっとしたいところでCOOLの方に素早く切り替えてと、温度差を使い分けて仕上げていましたね。そうすると思い通りにキマって、更に崩れないようにスプレーをシューシューとして表面を軽く固めて。

 

以来、30年間ずっとくるくるドライヤーにお世話になっています。だいたい7〜8年くらいで壊れて買い替えてきましたが、その度に進化しているのに驚きました。

 

温風が髪の毛の間を通ってしっかりやさしく地肌に届くので、髪を乾かすときも肩こり知らず。

 

機種によって強い温風のパワーがかなり強いものもありましたね。弱い温風を使うと髪の毛のダメージが小さくて良いですが時間がかかりましたね。昔のドライヤーは、髪の毛の痛みをかなり気をつけておかないといけませんでしたが、数年前に購入したくるくるドライヤーは優れモノで、使うと髪の毛がキレイになるんです。ツヤツヤ感が増してまとまりやすい点が嬉しいです。

 

子どもが1人暮らしをすることになったとき、私のドライヤーが狙われましたが、死守しました。

 

高校生のときとはニーズが変わり、オバサンになった今、薄毛の私に嬉しいのは、髪の根元を簡単に少し立た
せ気味にしてふわっとさせることが出来ることです。

 

次の進化が楽しみです。